プラハ在住。ITに強いピアニスト。

財布落としても携帯失くすなって話

どうも、独アーヘンより井後優弥です。

今夏はドイツ、フランス二カ国を訪れる予定です。
6月初頭はプラハ、ベルリン、ライプツィヒを巡りまして、
10月に再びフラハですので、およそ2ヶ月おきに欧州を訪れている感じです。

フライト中、機内Wi-fiにつないでメッセンジャーでプロジェクト動かしたりしているので
突然、「今パリでーす」とかやると結構驚かれます。
それがWi-fiつなげる目的ではないです。

なお、国外にいることを知らない方から国際電話されると死んでしまいます。

機内エンタメ盛りだくさん。

最近は国外で24時間ネットにつないでおくのも、だいぶラクになりました。
学生時代だとホテルや街中の公衆無線LANくらいしかなかったですけど、
この頃ではAmazon.co.jpで周遊SIMカード買っておけば、国内と環境が変わらないんですよね。
その分、非日常感は薄れますが。

日本にいながら国外SIMカードが買えます

当たり前ですが、夏は秋の前。
音楽業界は秋から公演やイベントが目白押しということで
夏は準備期間なわけです。

なので、仮に海外にいても
ネットつながりません、連絡がつかず行方不明です、
だと干上がってしまいますから、ネット回線を確保することが何よりも大事。
「財布落としても携帯失くすな」というくらい大事。

今のところ、どちらも無くしてませんが
自室に楽譜を忘れたことに先ほど気づきました。

気づいたときの筆者の心境。

PDFデータ×iPad Proで何とかします。

話を戻して周遊SIM。これ、とても便利なんですよ。
あっちこっちの国を跨いで飛び回るとき、
いちいちその国の携帯電話会社と契約しなくて済みます。

空港で契約できるローミングWi-fiルーターもありますけど、
普段モバイルルーターを使わないので、SIMカード派です。

いつもお世話になるのはこちら。

これが無いと終わる

SIM2FLY。
これ一枚で15日間4GBまでLTE回線に繋げられます。
4GB以上使った場合は、低速で回線をキープできますが
気休めにしかなりませんので、同じSIMを複数枚、予め用意しておきます。
容量使い切ったらSIMを挿し替える感じです。

2015年にパリに滞在した際、
仏の携帯電話会社 Orangeで契約したんですが、
ころころ料金体系などが変わるのか、「テザリング不可のものしか今はない」って言われたんですよ。
仕方がないので、契約してそのままティーニュのマスタークラスに乗り込んだわけですが
ホテルのwi-fi、遅い!

これ、よくあることなんですが何とかならないですかね…。
3Gよりぐっと遅いんですよ。

今回のお部屋に備え付けのwi-fi、
回線速度が速い遅い以前につながらないことが多いので、
周辺を飛び交う、Telecom Fonにつないでます。

1Day Passを契約しました。
速い。快適。

ホテル備え付けの無線LANが遅いの、ふぉんと何とかしてほしい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。