プラハ在住。ITに強いピアニスト。

機内はエンジンの音がうるさいけど、止めたら落ちる。そういう時どうしますかという話。

練習したり作業中も音楽・動画を再生したり、四六時中何かしら音を鳴らしている身でありながら我儘なもので、意図せず入ってくる音は避けたいものです。
最たる例として航空機内の騒音ですね。
エンジン音だった赤ちゃんの泣き声だったり。
泣くのが仕事の赤ちゃんに「あと11時間ほど瞑想してもらえます?」なんて頼めるわけでなし、エンジンを止めれば墜落するので、そういうときはノイズキャンセリングに限ります。
ということで数年前に購入したSONY製ヘッドフォン、WH-1000XM2がとても優秀というお話。

これ使うと機内で6時間くらいは寝られる感じですね。
そのせいで機内サービスの食事をいただきそびれること数回。
哀しい。

昨年くらいに最新モデルがリリースされキャンセリング機能が数段グレードアップしたようですが、それ、着用しながら外歩いて大丈夫?という気すらします。
さらに今年はイヤホンモデルも発売されてバカ売れ中だそうで。機内で使うならバッテリー持ちから考えるとヘッドフォンのほうがいいかな。30時間稼働するみたいなので。
NFCでペアリング可能なBluetoothモデルですが、イヤホンケーブルでも使えるのも優秀。
ただし、その場合はノイキャンは不可。世の中トレードオフのルールに則っていることがここで学べるわけです。

世間一般ではノイズキャンセリングといえば聞く方ばかり着目されがちですが、電話する人間としてはマイク側のノイズキャンセリングも大事。とても大事。
ということで昨年購入したプラントロニクス製のイヤホンマイクVoyager 5200がとても優秀というお話。

プラハにいる身でありながら、割と日本から電話かかってくることが多いんですよ。
このアプリの使い方わからないから教えてくれない、みたいな。カスタマーセンターかな。
それを画面も見ないで口頭で何とかするわけです。

で、結構長時間通話することがあったりして、そんな長い時間iPhone持ってたらくたびれるし、関連作業が必要ないのであればその間移動したりショッピングしてたいいなのでそんな時役立つわけです。
日本国外だと交通機関で移動中電話しないのがマナー、みたいなのは広まってはいないみたいです。国によると思いますが。

で、このVoyager 5200はマイクが4つほどあって、声を拾うマイクとそれ以外のマイクで引き算して、声以外の環境音をカットしてくれるのですが、これが滅茶苦茶強力。
目の前を救急車がかっ飛んでいっても、駅のプラットフォームを電車が駆け抜けていっても、自室にいると通話相手に勘違いされます。これ実話。
ひょっとするとハノン弾きながら通話できるかもしれないです。推奨はしません。

世界にひしめくピアニストの中でデジタルガジェット推進派最右翼を自負しております。世界観がだいぶ狭い。
PHSや携帯電話が出回り始めた頃、頭の近くで電波出し続けるのは健康的に大丈夫なの?なんて言われてましたけど、出かけるときの標準装備として先述のヘッドフォン、イヤホンマイク、スマートウォッチ、iPhoneがワンセット。
これに練習や合わせで外出するとiPadとBluetoothペダルが加わるわけです。
出かけた先ではWifiが飛んでたりします。自室にいればさらにワイヤレスマウスもあるので、現代人ってのは電波の台風に見舞われながら生活しているみたいです。

個人的には脳の中にSSDと通信システムとOS、要するにスマホを人体に取り込んだ世界が早く来てほしいと思うタイプで、これ、なかなか同意してくれる人がいないんですよね。
何だったら眼鏡を外したら印象派になる不自由な目もカメラに置き換えてくれても構わないよ、という。そのほうが暗譜、簡単そうじゃないですか。
ドワンゴの代表取締役社長を務めておられる、夏野剛教授が同じような事おっしゃっていたのですが、なかなかスパイスが効いた感じのお人柄。
NTTドコモでiモード立ち上げた御仁で、感性と性格の七割くらい、この方の影響で方向性決まった感があります。

電波といえば電子レンジ。日本の自宅にはヘルシオがあって、油も使わず揚げ物ができる優秀な製品ですが、シンプルに食品を温めたいときに限っていい塩梅にできない謎。
プラハの電化製品屋に行くとそんなものは見当たりませんで、白物家電に関しては90年代くらいのシンプルなものが多い印象。
きちんと探したらヘルシオみたいなのがあるかもしれないですが。

プラハの自宅にある白物家電は70年代を思い起こさせるシンプルさですが、自分とは相性がいい。
洗濯機にキャンディーみたいな洗剤をポイっといれて時間ダイヤル回して渦巻ボタンを押すだけ、みたいな。
パソコンを自作できても最新の白物家電は得意じゃないわけです。
でもスマート家電は説明書開かないでセットアップできる自信がある矛盾。