井後優弥プロフィール

千葉県印西市出身、11歳にてガーシュウィン《ラプソディー・イン・ブルー》を共演。
その後、全日本学生音楽コンクール(奨励賞)、野島稔・よこすかピアノコンクール(入選)、ルーマニア国際音楽コンクール(最高位)、市川市文化振興財団新人演奏家コンクール(最優秀賞)、北本ピアノコンクール(優勝)、山手の丘音楽コンクール2012(第3位・ヤマハ賞)、やちよ音楽コンクール(第一位・八千代市長賞)、日本香港国際音楽コンクール(最高位および米ハートフォード・ショパン国際ピアノコンクールよりショパン賞を受賞)、大曲新人音楽祭コンクール(最優秀賞)など、国内外におけるコンクールで成果を上げ、「CHOPIN」「ムジカノーヴァ」、毎日新聞、朝日新聞、NHKなど各報道機関で取り上げられる。2013年、ABC新人コンサート音楽賞を受賞。NPO法人 芸術・文化若い芽を育てる会 平成28年度助成対象に選ばれる。
市川市文化振興財団、飯野海運株式会社などの主催のもと、室内楽やソロ・リサイタル公演を催すほか、東京フィルハーモニー交響楽団をはじめオーケストラやアーティストと共演、市川市政施行75周年記念オペラ「フェドーラ」(邦人初演)においてラジンスキー役を務めた。また、公演制作やデザインなどにおいて横浜シンフォニエッタ、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団をはじめとする法人・団体と携わるほか、印西音楽協会理事を務めるなど、多角的に活動を展開中。
アンリ・バルダ、アンヌ・ケフェレック、ホルヘ・ルイス・プラッツ、ジャック・ルヴィエ、エンリコ・パーチェらの薫陶を受けるほか、これまでに岡崎悦子、関孝弘、E.ポヴウォツカ、植田克己、若林顕、江口玲の各氏に師事し、附属高等学校を経て東京藝術大学を卒業。オフィス・アレグロ所属および市川オペラ振興会オフィシャルピアニスト。
オフィシャルサイト yuyaigo.com